ベビー服を購入する時期


ベビー服を購入する時には、かならず時期についてしっかりと確認しておかなければいけません。妊娠中は特にハイになっている事がありますので、かなり前の段階で購入してしまう方の多くいらっしゃるのですが、購入時期を間違えてしまうと着られなくなってしまうケースもありますので十分に注意が必要になります。

最初に注意しなければいけないのが、出産前の性別判定です。出産前に性別がわかっていると名前を付けるのも余裕がありますし、出産後の忙しい時間ではなく、しっかりと余裕を持って考える事ができます。

また、性別がわかった段階で、ベビー服を購入してしまう方も沢山います。女の子だから可愛いデザインのベビー服を事前に購入しておくという方も多くいらっしゃいますし、ご両親だけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんなどがお祝いだからと言って購入してくれる方も多いと思いますが、お医者さんの性別判断などは、実は1割程度は間違っている可能性もあります。

その為、あまり先走ってしまうとムダになってしまう可能性もあるという事になります。また、生まれる時期の季節を意識しておかないと、着られないという事もあります。妊娠が分かった時と出産の時の季節の違いを意識するのもとても重要になります。

購入時期の早かった物遅かった物

ベビー服などは出産準備品に含まれますので、時間のある時に用意しておきたいと思うのは当然だと思いますが、中には、急いで購入したために失敗してしまったという経験のある方も沢山います。そこでこちらでは、購入時期の早かった物、遅かった物をご紹介します。

購入した時期が早すぎた物で多いのは、ベビー服のアウターです。ベビー服のアウターは、とっても季節性が出るアイテムになっている事もありますし、0歳児の赤ちゃんは、日に日に成長しているので、アウターを必要となる時には、体のサイズや季節と合っていないケースもありますので、せっかく購入しても着せる事が出来なかったという方は沢山います。

逆に購入時期が遅かったと感じる物には、母乳パッドがあります。母乳が順調に出るのか出ないのかは、出産してからでないとわからないと思いますが、産院にいる時に授乳が始まりますので、おっぱいの部分にシミができてしまう可能性もあります。

お互いの両親の方に色々とプレゼントを貰うケースもありますが、このあたりをしっかりと説明しておけば、せっかく頂いた物を無駄にすることがありません。逆にベビーカーやベビーシート、チャイルドシートなど、あらかじめ欲しいと思うものを用意しておく事はとても重要になります。